高齢者の睡眠について

 

images (6)

広島総合はりきゅうマッサージ協会ゆたかの吉岡です。

今回は高齢者の睡眠についてお話していきます。年齢とともに睡眠は変化が生じます。第一の変化は、高齢者では若い頃に比べて早寝早起きになることです。これは体内時計の加齢変化によるものでスイーツだけでなく、血圧・体温・ホルモン分泌など睡眠を支える多くの生体機能リズムが前倒しになります。第二の変化は、睡眠が浅くなることです。睡眠はノンレム睡眠(深い睡眠)とレム睡眠(浅い睡眠)が交互に現れます。しかし高齢者になるとノンレム睡眠が減って浅いレム睡眠が増えるようになります。そのためちょっとした物音や尿意でも何度も目が覚めてしまいます。深い睡眠に入るには深い呼吸で副交感神経を優位にする必要があります。有効なのは複式呼吸をすることです。やり方は①ベッドによこたわり、肩の力を抜き、お腹に手を当てます。②お腹が膨らむように、3秒間で息を吸い込みます。③お腹へこむように6秒間で息を吐ききります。以上のやり方が有効なのでぜひ試してみてください。

みなさんのココロとカラダをゆたかに

車イス、寝たきりの在宅訪問リハビリ、マッサージ、介護のことなら無料相談無料体験受付中

お問い合わせは082-295-9997まで

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/realmax002/yu-ta-ka.jp/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)