脳血管障害後に膝の痛みって…

 

708C1F9E-0EE3-440D-9612-861D8E582C4E

広島総合訪問はりきゅうマッサージ協会ゆたかの岩本です。

みなさん、こんにちは!

脳血管障害後に膝が痛くなるのは、なぜんなのだろうと気になっている方や、膝の痛みで日常生活に困っている方もおられるのではないでしょうか?

脳血管障害後、数カ月や数年たって膝の痛みが出てくることがあります。

膝の痛みが、麻痺している側に出ることもあれば、よく動く健康な方に出ることもあると言われています。

膝の痛みは、ほとんどが大腿神経痛と言われています。

膝の痛みでよくいたみを生じやすい部分として、膝の内側や前側があり、そこらを支配していているのが大腿神経です。

大腿神経痛は、胴体を前屈みにして大腿神経を無意識に緩めていることがあります。緩めることで痛みは軽減されますが、胴体を前屈みにした状態で歩行をしてしまいますと、歩幅が伸びない状態になり歩くスピードが遅くなってしまいます。

大腿神経痛の予防対策としては、日頃から姿勢に気をつけることです。前屈みの姿勢は痛みが減ってはきますが、他のところに負担がかかってしまい、痛みを起こしてしまう事がありますので、姿勢に気をつけましょう。

みなさんのココロとカラダをゆたかに

車イス、寝たきりの在宅訪問リハビリ、マッサージ、介護の事なら無料相談、無料体験受付中

お問い合わせは082-295-9997まで

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/realmax002/yu-ta-ka.jp/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)