不眠症について

 

IMG_20160313_124957

 

広島総合訪問はりきゅうマッサージ協会ゆたかの岩本です。

みなさん夜寝られなかったり、寝ていても途中で起きてしまったり、早朝(4時)に目がさめてしまったり、寝た気分にならなかったりなどの経験をしたことはありませんか。

これらは不眠症の一種です。

恐ろしいですよね。

そこで不眠症になってしまう原因を簡単に教えたいと思います。

原因は自律神経(交感神経、副交感神経)の乱れです。

自律神経が乱れる原因としては、私生活に原因がたくさんあります。

そして、寝る前の行動(寝る前にテレビを見たり、部屋が明るかったりなど)にも不眠症になってしまう原因があります。

この原因を1つ1つ直していくと不眠症は改善されると思います。

そこで改善方法をたくさんあるなか簡単にできることを教えたいと思います。

目的は副交感神経を優位にするだけで寝やすくなります。

改善方法!!

○部屋の照明を暗くすること

○お風呂はぬるめのお湯にゆっくりと浸かること

○軽めのストレッチをすること

○深呼吸をする

光が明るいと交感神経を興奮させてしまいますので明るくするのではなく暗くしましょう。

そして、ストレッチやぬるめのお湯に浸かることは血管が広がり血流がよくなり副交感神経優位にします。深呼吸も同じことです。

この4つをぜひやってみてください。

不眠症が少しでも改善され眠りやすくなると思います。

 

みなさんのココロとカラダをゆたかに

ざ在宅訪問リハビリマッサージ介護のことなら無料相談無料体験受付中

お問い合わせは082-295-9997まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    ブログランキング ドット ネット にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸 ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)