パーキンソン病とパーキンソン症候群の違い

 

img_parkin

広島総合はりきゅうマッサージ協会ゆたかの吉岡です。

今回はパーキンソン病とパーキンソン症候群の違いについてお話していきます。パーキンソン症候群とは「パーキンソン病のような症状を示すいろいろな病気の総称」のことです。

パーキンソン病とパーキンソン症候群の大きなに違いは、発症する原因にあります。パーキンソン病は中脳にある黒質が壊れることで、ドーパミンが不足し、手足の震えや筋肉のこわばりが起こります。一方パーキンソン症候群は服用した薬の副作用で、起こります。(薬剤性パーキンソン症候群)特に抗精神薬などで生じやすいです。また、脳梗塞を多発した場合、運動機能が障害され、パーキンソン病と良く似た症状が現れることがあります。(脳血管性パーキンソニズム)

みなさんのココロとカラダをゆたかに

車イス、寝たきりの在宅訪問、リハビリ、介護、マッサージのことなら無料相談、無料体験受付中

お問い合わせは082-295-9997まで

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/realmax002/yu-ta-ka.jp/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)