水中毒について

 

mizu_chuudoku

広島総合はりきゅうマッサージ協会ゆたかの吉岡です。

今回は水中毒についてお話していきます。水中毒とは、水を大量に飲むことにより、血中のナトリウム濃度(塩分の濃度)が低下し、「低ナトリウム血症」という状態に陥ります。場合によっては命の危険にさらされます。

主な症状としては、めまいや頭痛、多尿、頻尿、下痢などがあげられます。重症化すると、吐き気や嘔吐、錯乱、意識障害、呼吸困難などの症状が、現れ、死に至ります。

どれくらいの量を飲んだら水中毒に陥るのかというと短い時間(1時間以内)で2~3リットル近く飲むと危険です。1時間で100cc程度の量を飲んで頂くことが適しています。また、水だけでなく経口補水液(スポーツドリンク)で水分補給するようにすると、低ナトリウム血症を防ぐことができます。

みなさんのココロとカラダをゆたかに

車イス、寝たきり在宅訪問リハビリ、マッサージ、介護のことなら無料相談無料体験受付中

お問い合わせは082-295-9997まで

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/realmax002/yu-ta-ka.jp/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)