癌患者さんの接し方について

 

medical_kagaku_ryouhou

広島総合はりきゅうマッサージ協会ゆたかの吉岡です。

今回は癌患者さんの接し方についてお話していきます。癌患者さんにまず必要なことは話をじっくり聞くことです。患者さんの悩みや問題を解決しようと思い、「回答」を用意しがちです。しかし、多くの場合患者さんは「回答」ではなく、「聞き手」を必要としているのです。上手な「聞き手」になるには、患者さんの話を否定せず、常に会話は患者さんにリードさせてください。しっかり相づちしっかり打ち、患者さんの目を見ましょう。気をつけてほしいところは軽率な励ましの言葉のかけ方です。気落ちした患者さんを見ると励ましたくなりますが、場合によっては励ましの言葉は、患者さんを追いつめることになります。例えば「頑張ってね」、「早くよくなるといいね」などです。同じ励ましの言葉でも、「一緒に乗り越えようね」、「ひとりでがんばらないで、家族を頼ってね」などの声かけをしていきましょう。

みなさんのココロとカラダをゆたかに

車イス、寝たきりの在宅訪問リハビリ、マッサージ、介護のことなら無料相談無料体験受付中

お問い合わせは082-295-9997まで

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/realmax002/yu-ta-ka.jp/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)