水分を摂っても喉が渇くのはなぜか

 

2-fd861

広島総合はりきゅうマッサージ協会ゆたかの吉岡です。

今回はなぜ水分を摂っても喉が渇くのかを話ていきます。まず喉が渇くメカニズムは大人は、身体のおよそ60~70%が水でできています。そして身体の2%相当の水分が失われると喉の渇きを感じるようになります。喉の渇きが進み5%相当の水分が失われると、脱水症状が起こり始めます。10%失われると体内の循環不全が起こり、20%失われると死に至るケースもあります。健康な成人が必要な水分量はおよそ2.5Lです。この必要な量と同等あるいは上回る量の水分を摂っているにも関わらず喉が頻繁に腎臓病などがあります。渇く人は疾患などが原因となっているケースも考えられます。例えば脱水、発熱、ドライマウス(口腔乾燥症)、糖尿病、腎臓病などが考えられます。対処法はこまめに水分補給をする、糖分を適度に摂る、できるだけ温かいものを飲む、乾燥しないように加湿器などを使うようにしましょう。

みなさんのココロとカラダをゆたかに

車イス、寝たきりの在宅訪問リハビリ、マッサージ、介護のことなら無料相談無料体験受付中

お問い合わせは082-295-9997まで

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/realmax002/yu-ta-ka.jp/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)