更年期障害とは

 

kounenki_woman

広島総合はりきゅうマッサージ協会ゆたかの吉岡です。

今回は更年期障害についてお話していきます。更年期とは閉経前の5年間と閉経後の5年間をあわせた10年間をいいます。更年期障害の主な原因は女性ホルモン(エストロゲン)が大きく低下したことにあります。症状は大きく3種類に分けられます。①ほてり、のぼせ、ホットフラッシュ、発汗などの血管の拡張と放熱に関係する症状。②めまい、動悸、頭痛、肩こり、冷え、しびれ、関節の痛み、腰や背中の痛み、疲れやすさなどの身体症状。③気分の落ち込み、意欲の低下、イライラ、情緒不安定、不眠などの精神症状があります。更年期障害の対策は食生活で大豆食品を食べることやウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を取り入れることです。

みなさんのココロとカラダをゆたかに

車イス、寝たきりの在宅訪問リハビリ、マッサージ、介護のことなら無料相談無料体験受付中

お問い合わせは082-295-9997まで

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸 ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)