認知症

 

広島総合はりきゅうマッサージ協会ゆたかの吉岡です。

今回は認知症についてお話していきます。認知症とは物忘れと違い何かの病気によって脳神経細胞が壊れるために起こる症状や状態をいいます。認知症は主にアルツハイマー型とレビー小体型、血管性に分類されます。最も多くみられるのがアルツハイマー型です。アルツハイマー型は脳にたんぱく質が異常にたまり、それに伴い脳細胞が損傷します。症状は主に記憶障害、時間や場所や人物の認識がうまくできなくなる見当識障害、計算や言葉の能力低下があります。これらの症状はアルツハイマー型認知症に限らず認知症を持つ方のほとんどにみられます。レビー小体型はレビー小体という変性した細胞が脳神経細胞が破壊され生じる認知症です。症状は特有のものがあります。主にパーキンソン症状、幻視、レム睡眠行動障害、自律神経症状があります。血管性認知症は血行が阻害され阻害部分より先の細胞が死滅し、死滅範囲や部位に応じて様々な症状が表れます。血管性認知症特有の症状は感情がコントロールしづらくなる感情失禁、うつ状態があります。認知症を予防方法は生活習慣病を予防・治療する、運動をする、達成感を味わう、他人と交流するなどがあります。

みなさんのココロとカラダをゆたかに

車イス、寝たきりの在宅訪問、リハビリ、マッサージ、介護のことなら無料相談無料体験受付中

お問い合わせは082-295-9997まで

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸 ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)