白内障

 

広島総合はりきゅうマッサージ協会ゆたかの吉岡です。

今回は白内障についてお話していきます。白内障とは水晶体が白く濁って視力が低下する病気です。水晶体は目の中にある組織です。レンズのような働きをしています。白内障の原因で最も多いのが加齢です。加齢以外の要因では紫外線・放射線・糖尿病・ステロイド薬があります。白内障でよくみられる症状には左右目で見え方が違う、ライトが二重にみえる、光を眩しく感じる、視力が低下する、メガネが合わなくなる、目に鋭い痛みが走ったり頭痛がする、瞳が白くなる、手元だけは良くみえるようになるなどがあります。ご自身でもできる予防方法が2つあります。1つ目は糖尿病などの生活習慣病にならないようにすることです。白内障は早くても40代から発症する病気ですが糖尿病になってしまうと若い年齢でも発症することがあります。2つ目は強い赤外線や紫外線を避けることです。外出する際は麦わら帽子のようなつばの広い帽子をかぶりさらにサングラスをすることをお勧めします。

みなさんのココロとカラダをゆたかに

車イス、寝たきりの在宅訪問、リハビリ、マッサージ、介護のことなら無料相談無料体験受付中

お問い合わせは082-295-9997まで

 

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸 ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PREV:
糖尿病
NEXT:
褥瘡