寒暖差による体調不良

 

広島総合はりきゅうマッサージ協会ゆたかの吉岡です。

今回はなぜ寒暖差で体調をくずしてしまうのかをお話します。その大きな要因として自律神経が関わってきています。一般的に自律神経が対応できる温度差は8度までといわれています。その寒暖差を越えると自律神経のバランスがくずれて疲労、肩こり、めまい、不眠、食欲不振などのさまざまな体調不良を引き起こす原因になります。また、急激に寒くなると血管が収縮すると高血圧の症状が悪化したり、血流が悪くなると冷え症状が悪化したり、筋肉が硬くなってしまい痛みがでてくることもあります。対策としては体が冷やさないことです。体が温まる食べもの積極的たべることです。例えば肉類では鶏肉、魚介類ではイワシやエビ、カツオなどを食べるのがよいです。

みなさんのココロとカラダをゆたかに

車イス、寝たきりの在宅訪問、リハビリ、マッサージ、介護のことなら無料相談無料体験受付中

お問い合わせは082-295-9997まで

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸 ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PREV:
耳鳴り
NEXT:
糖尿病