筋肉が硬い原因!

 

E4C131B2-4A79-436C-A45F-AE2A24DE9E29

広島総合訪問はりきゅうマッサージ協会ゆたかの岩本です。

みなさんこんにちは!

みなさんは、どこかが痛かったり、どこかが凝っていたりなど、筋肉が張っているな、硬いなどこか思ったことがあると思います。

今回は、筋肉が硬くなる原因を簡単に見ていきたいと思います。

筋肉が硬くなる原因としては!

4つほどあります。

・筋肉の長さが短くなる…筋肉の中には筋節という管のようなものがあり、この筋節が増減されることで長さを調節しています。ストレッチなどで、伸ばすと長くなり何もしないと短いままの状態です。短いことで筋肉が硬くなっています。

・筋肉の繊維化…筋肉は使わなくなると少しずつ萎縮してきます。萎縮が起きますと、筋繊維の間に隙間ができその隙間を埋めようとします。そうすると柔軟性ななくなることにより筋肉が硬くなってしまいます。

・筋肉の伸張反射が起きる…筋肉の長さが短くなり、萎縮して繊維化が起きると筋肉の量な足りなくなります。それは、筋肉が常に伸ばされている状態になっているため、筋肉が硬くなってしまいます。

・血流障害…血管を圧迫することにより血流が悪くなり筋肉が硬くなってきてしまいます。

これらが原因です。

筋肉を緩めるためには、エネルギーが必要です。

血流障害が起きてしますと大事なエネルギーも入ってこないので筋肉が緩みにくいですね。

みなさんも、日頃からカラダを動かしたりストレッチをしてみたりして筋肉を少しでも緩めていきましょう。

みなさんのココロとカラダをゆたかに

車イス、寝たきりの在宅訪問リハビリ、マッサージ、介護の事なら無料相談、無料体験受付中

お問い合わせは082-295-9997まで

 

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸 ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)