歩くこと

 

77301019-0AF3-43C8-9E31-71BABAD90E94

広島総合訪問はりきゅうマッサージ協会ゆたかの大上です。

 

日常生活を行ううえで「歩く」というのはQOLを維持するのに非常に大事になります。

「歩く」というのは立脚相と遊脚相に分かれるのですが、立脚相・遊脚相といわれてもピンとこないと思います。簡単に説明すると、足の裏が地面に接している時を立脚相、足の裏が地面から離れている時を遊脚相といいます。

今回はこの立脚相・遊脚相の時に働く筋肉についてお伝えしたいと思います。

まず立脚相では脊柱起立筋、大臀筋・中臀筋のお尻の筋肉、大腿四頭筋・ハムストリングの太ももの筋肉、腓腹筋・ヒラメ筋・前脛骨筋・後脛骨筋などの下腿部の筋肉です。

遊脚相では脊柱起立筋・腸腰筋の体幹の筋肉、大腿四頭筋・ハムストリング・股関節内転筋群などの太ももの筋肉、前脛骨筋です。

歩くのには足だけでなく体幹やお尻などの筋肉も必要なのです。ですので、体のケアも幅広く行う必要があるのです。

ココロとカラダをゆたかに

在宅訪問リハビリマッサージ介護のことなら無料相談無料体験受付中

お問い合わせは082−295−9997まで

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸 ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)