下肢のだるさの原因は日常生活にある

 

IMG_20180322_192119

広島総合訪問はりきゅうマッサージ協会ゆたかの岩本です。

皆さま、生活をしてたり仕事をしていたりスポーツをしていたりで人生の中で足がだるくなったことがあるかたが多いと思われます。

足が浮腫んでしまったり、冷たかったりとさまざまな症状があるのではないでしょうか?

今回は、足のだるさの原因を引き起こしている原因を見ていきたいと思います。

足のだるさの原因は大きく分けて5つぐらいあります。

・むくみ

・血行不良

・疲労

・筋肉痛

・病気とけが

これらが5つの原因といわれています。

簡単に言いますと足のだるさの原因は実は日常生活に原因があると言われています。

長時間同じ姿勢やおなじかっこうなどしてしまいますと、血行不良になってしまいます。血行不良が原因となり浮腫が生じてしまいます、。あまり動かないことにより筋肉の量が減ってきてしまい血行不良となってしまうことがあります。普段同じ姿勢を長時間やってしまうことでだるさの原因を引き起こしてしまっています。

そして、長時間同じ姿勢をしてはいけない。カラダを動かさないといけないと思ってしまい、筋肉トレーニングや運動をいつも以上にやってしまうこともあると思います。普段あまり運動をしないことで一気にやってしまうことで筋肉に疲労やつきいすぎ【筋肉痛】が起きてしまい、足のだるさを引き起こしてしまっています。

足のだるさを解消や予防するためには、常日頃から同じ姿勢を長時間しているときは、休憩をとりちょっとした運動をしたり、疲労をためずやり過ぎないように少しずつ運動をすることが大切だと思われます。これらが予防です。

解消方法としては、温め・マッサージ・ストレッチ・睡眠をとる。これらが解消方法だと思われます。

1度日常生活を変えてみてください。

みなさんのココロとカラダをゆたかに

車イス、寝たきり在宅訪問リハビリ、マッサージ、介護のことなら無料相談無料体験受付中

お問い合わせは082-295-9997まで

    にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸 ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)