高齢者はアザになりやすい

 

IMG_20170903_233021

 

広島総合訪問はりきゅうマッサージ協会ゆたかの岩本です。

みなさん、高齢者になってくると軽い衝撃を受けた時や何もしていないのにも関わらず皮膚にアザがある時がありませんか。

なぜ、アザになるのか気になったり、困ったり、アザができていてビックリした方もおられるのではないでしょうか。

この高齢者に良くみられるアザのことを老人性紫斑といわれています。

今回は、老人性紫斑についてどういうものなのか、原因はなんなのか1つ1つ見ていきたいと思います。

老人性さ紫斑とは、高齢者に多く見られる病気の一種です。腕や手の甲や顔面などに軽い衝撃や刺激を受けてしまい、紫色をした斑点を生じてしまい、最初は赤色や紫色になり次第に黄色に変色する場合もあり軽い痛みを生じてしまうこともありますが、ほとんど痛みは無いと言われています。

老人性紫斑の原因としては、症状を引き起こす特定の原因があるのではなく、年を重ねる度に皮膚が薄くなり血管が脆くなるためと言われています。

年を重ねるとけ血管を守っているコラーゲンや脂肪など組織が減ってきてしまいます。そうすることで皮膚が薄くなり血を守れず、血管自体も脆くなるので軽い衝撃や刺激を受けることで皮下出血が生じます。これらが原因です。

老人性紫斑はちょっとしたことでも引き起こしてしまいますので気を付けながら日常生活を過ごしていきましょう。

 

みなさんのココロとカラダをゆたかに

車イス、寝たきり在宅訪問リハビリ、マッサージ、介護のことなら無料相談無料体験受付中

お問い合わせはは082-295-9997

    ブログランキング ドット ネット にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸 ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)