変形性膝関節症について

 

IMG_20170721_125658

 

広島総合訪問はりきゅうマッサージ協会ゆたかの岩本です。

 

みなさん膝が痛くなったり、水がたまってしまったり、痛みが激しく歩行困難になってしまったりとお困りになったことはありませんか。

今回は、膝の痛みで膝の関節の老化が原因となって起きている変形性膝関節症について1つ1つ見ていきたいと思います。

まず、変形性膝関節症とは加齢や長年に渡り膝に何らかの負荷がかかることにより、膝関節のクッションの役割をはたしている軟骨がすり減ってしまい痛みを生じてしまう病気と言われています。

原因としては、関節の軟骨の老化によるものが多いと言われています。その他にも、骨折などの外傷や化膿などの感染した後遺症で発症することもあると言われています。

軟骨がすり減ることにより弾力性を失い変形してきてしまいます。

症状としては、膝の痛み、膝に水がたまる、立ち上がりや歩き始め等動作の開始時のみの痛み、正座や階段が困難、膝がまっすぐ伸びず歩行困難になる

変形性膝関節症になってしまいますとだんだんと悪化することにより歩行困難になり日常生活に支障をきたしてしまいます。悪化させないように気をつけていきましょう。

最後によ予防法としては、太ももの前の筋肉を鍛えることや適度な運動をすることや正座をしないことや肥満にならないことです。

変形性膝関節症にならないように日頃から気をつけていきましょう。

 

 

みなさんのココロとカラダをゆたかに

車イス、寝たきり在宅訪問リハビリ、マッサージ、介護のことなら無料相談無料体験受付中

お問い合わせは082-295-9997まで

    ブログランキング ドット ネット にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸 ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)