寒くなると痛みが出る

 

img_20161222_141734

 

広島総合訪問はりきゅうマッサージ協会ゆたかの岩本です。

 

みなさん最近だいぶ寒くなってきましたね 。

雪が降ったりと外へは出ず、室内で過ごしたい方は増えているのではないでしょうか。

そして、冬になり寒くなるとお体の調子が悪くなってしまい肩が痛くなったり、腰が痛くなったりなど痛みがましてしまい困っている方が多いのではないでしょうか。

今回は寒くなるとなぜ痛みが出てしまうのか原因など1つ1つ見ていきたいと思います。

寒いときに痛みを感じてしまうのは、寒いときに働く体の機能に関係があります。人間の体には暑いときや寒いときや一年中常に体温を一定にしようとする働きがあります。

暑いときの体温調節は毛穴を開いて汗をたくさん出すことで体の熱を外に出して体温調節をしています。

寒いときの体温調節は筋肉を緊張させることで熱を作り、作った熱を外に出さないために血管を収縮させています。この働きを体温調節機能といいます。

寒いときに痛みを感じてしまう原因は、寒いとき体は体温調節機能により血管を収縮させています。血管を収縮させてしまうと血液の流れが悪くなります。血液の流れが悪くなると痛みが発生してしまいます。この血液の流れが悪いことが原因なのです。

そして、もうひとつ 原因があります。寒いときついついやってしまう肩をすくめることや腕を組んでしまうことなど自分自身で筋肉を緊張させてしまうことが原因です。寒いと無駄に力が入ってしまうことが原因なのです。

最後に、体温調節は大切な機能なのでやめることはできませんが、肩をすくめることや腕を組むことなど無駄に力が入ることは意識してやめることができます。

寒いときに痛みが少しでも無くなるように意識して無駄な力を入れないように気を付けてみてください。

 

みなさんのココロとカラダをゆたかに

車イス、寝たきりの在宅訪問リハビリ、マッサージ、介護のことなら無料相談無料体験受付中

お問い合わせは082-295-9997まで

    ブログランキング ドット ネット にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸 ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)